スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

【◎バカ売れ人気No1】一瞬で読者をひきつける奇跡の文章講座&発想法 「1億円ライティング」

人の自慢話ほどつまらないものはないと言います。
そこでまずは自慢話をさせていただこうと思います(笑)
20秒ほどで手短に自慢しますのでお付き合い下さい。

私は、現在、インターネットで自分で作った商材を4つ販売しています。そのために4通のセールスレターを書きました。
そのわずか4通のセールスレターから、現在、コンスタントに毎月1000万以上稼いでいます。

4通のセールスレターから、この1年間ずっと毎月、毎月1000万以上の売上を受け取っているのです。
 先ほどもお伝えしたとおり、メールマガジンを3回書いただけで、310万円のアフィリエイト収入を手にしたり、
たった1通のメールで29800円のセミナーが200席満席になったり、わずか1通のメールで39800円のDVDが瞬時に100本完売したり。

私の文章を読んだ人はこう言います。「これは買わずにはいられない」
私は2年ちょっと前までフリーターでした。文章のド素人でした。もともと文章が得意だったわけではありません。

そんな私が、なぜ、こうも短期間でバカ売れする文章を書けるようになったのでしょうか?

秘密があるんです。

バカ売れする文章にはルールがあるんです。

そのルールに私は「あること」を通して気づいてしまったのです。

知りたいですか?

「放送室の裏」(ワニブックス)という本の中で、
お笑いの松本人志さんと放送作家の高須光聖さんはこのような対談をしています。

高須 「お笑いは発想ももちろんあるけど本来は、笑いの構成力がポイントやん」

松本 「才能のないヤツはおんなじ体験してんのに、人にしゃべってるの聞いたらオモロない。
なんでそっから話すねんとか。そこをもうちょっと強めに言うとかな、次の話が生きてけえへんやろ」

バカ売れする文章の秘訣も、まさにここにあるんです。
同じ内容を話すにも何をどの順で話すか。どこを膨らませるか。

その流れで文章はまるで別人のように変わってしまうのです。
全然インパクトが違ってくるのです。
まずひとつ、私はそこに気づきました。
バカ売れするためには「何」を語らなければいけないのか。
それをどの順にきりだせばいいのか、そこがわかったのです。

実はこのセールスレターもそのルール通りに書いてありますので、注意深く読み進めて下さい。

このたったひとつのルールを見つけただけでも、私の文章はガラリと変わり始めました。

そこからいくつかのルールに気づいていき、わずか1年ちょっとで私の文章を通して、年間1億2000万も売れたのです。

続きはコチラから
スポンサーサイト
06 : 38 : 34 | 未分類 | トラックバック(0) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://delpifamf.blog74.fc2.com/tb.php/194-071cca3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

delpifamf.

Author:delpifamf.
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。